東北新幹線の被害、東日本大震災に次ぐ規模 1千カ所が損傷

[PR]

 JR東日本は21日、福島県沖を震源とする最大震度6強の地震で、脱線した東北新幹線の不通区間(那須塩原―盛岡)に電柱や高架橋などの損傷が約1千カ所で見つかったと発表した。2011年3月の東日本大震災では、東北新幹線の区間で約1200カ所の損傷が確認されており、それに次ぐ被害規模となった。

 同社が不通区間(約350キロ)の鉄道設備を調べたところ、電柱79本、高架橋などの土木設備が約60カ所、レールのゆがみなどが約300カ所見つかった。脱線車両は白石蔵王駅(宮城県白石市)の南2キロ地点にあり、同駅を挟む福島―仙台間に被害が集中しているという。脱線車両の撤去だけで、少なくとも2週間ほどかかる見通し。

 同社は、4月20日前後の全面運転再開を目指すことも明らかにした。3月22日から那須塩原―郡山間、一ノ関―盛岡間で通常より本数を減らして運転を再開する。