恒大集団、香港市場で取引停止 傘下の自動車・不動産2社も

北京=西山明宏
[PR]

 香港株式市場で21日、経営危機にある不動産大手、中国恒大集団の株式が取引停止となった。同社の取引停止は1月以来。傘下企業2社も取引が停止された。いずれも理由は明らかにされていない。巨額債務を抱える恒大は再編に向け事業や資産の売却を進めており、その関連で動きがあった可能性がある。

 取引停止となった傘下の2社は、電気自動車(EV)を手がける中国恒大新能源汽車集団、不動産管理の恒大物業集団。昨年10月に恒大物業の売却交渉の際に取引停止になったほか、今年1月も海南省で開発中の住宅撤去を命じた行政処分を巡って停止された。(北京=西山明宏)