第4回日本発「ちゃんカルチャー」がQのゆりかご ウソ見抜けなかった人々

有料会員記事Qアノン

ニューヨーク=藤原学思

前回のあらすじ

Qアノンの「前身」として語られる「ピザゲート」と呼ばれる陰謀論があります。荒唐無稽な作り話は、ツイッター上で大きく拡散され、衝撃的な事件に発展しました。陰謀論が現実の世界に及ぼす悪影響とは――。

[PR]

 2017年10月28日、インターネット上の匿名掲示板「4chan(ちゃん)」に、1件の投稿がなされた。

 《ヒラリー・クリントンの身柄の引き渡しは、すでに動き出している》

 そんな内容だった。これが、陰謀論集団「Qアノン」が信奉する「Q」の初めての投稿であり、「Qアノン」のはじまりだ。

Qアノン

「世界は小児性愛者の集団によって支配されており、悪魔の儀式として性的虐待や人食い、人身売買に手を染めている」という陰謀論、またはそれらを信じる人たちを指す。信奉者はそうした集団を「ディープステート」(影の政府)とみなし、民主党の政治家やハリウッドスターらが所属していると考えている。

 16年の大統領選でトランプと戦ったクリントンをめぐっては、この頃、虚偽の情報が広がっていた。それは、《児童に対する性的虐待集団に関与している》というものだった。

 《その集団はワシントンのピザ屋に拠点を置いている》。そんなウソも広がり、「ピザゲート」と呼ばれるようになった。

「解読」作業の過程で生まれたQアノン

 Qの初投稿の23日前、そうした陰謀論を加速させる出来事があった。

 当時大統領だったトランプが米軍幹部と会合後、ホワイトハウスで写真撮影に並んだ。そして、指を胸の前でくるりと回し、報道陣に対して突然、「これがなにを意味するかわかるか」と問うた。

 トランプ「おそらく、嵐の前…

この記事は有料会員記事です。残り2462文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載Qを追う 陰謀論集団の正体(全19回)

この連載の一覧を見る