第7回Qの正体に最も近づいた男 撮影3年、ついに「彼」が口を滑らした?

有料会員記事Qアノン

米アリゾナ州フローレンス=藤原学思

前回のあらすじ

Qアノンの研究者たちは「Q」は複数いると見ています。その裏付けとなる「Qの投稿者が入れ替わった」という科学的な調査が存在します。専門家が「原典」を分析して導き出した結論とは。

[PR]

 パナソニックミラーレス一眼カメラをのぞきながら、彼は追い続ける。

 なにを。陰謀論集団「Qアノン」を。そんな彼の関心もまた、「Qは誰なのか」ということだった。

 映画監督、カレン・ホバック、40歳。「Qの正体に最も近づいた人物」の1人と言える。2021年春、6話からなるドキュメンタリーシリーズ「Q:Into The Storm」(邦題=Qアノンの正体)を、動画配信サービス「HBO」からリリースした。

17という数字を見ると「Q」を連想

 「Qの背後には、ロン・ワトキンスがいる」――。それが、3年間で実に1700時間、Qアノン現象を撮り続けたホバックの導いた説だ。

 ホバックは、17という数字…

この記事は有料会員記事です。残り2480文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載Qを追う 陰謀論集団の正体(全19回)

この連載の一覧を見る