中国機、高度9千mから急降下か 墜落現場の山では火災発生

有料会員記事

北京=冨名腰隆、林望
【動画】中国東方航空の旅客機とみられる機体が山林に墜落する様子=監視カメラ映像
[PR]

 中国広西チワン族自治区梧州市で21日、乗客・乗員132人が乗った中国東方航空のボーイング737型機が墜落した事故で、中国国営中央テレビ(CCTV)は機体の墜落現場で火災が起きたと伝えた。

 中国のSNS上で拡散された現場近くの住民が写したとみられる動画には、狭い山道に航空会社の名前の一部が残る機体表面の残骸が落ちていた。山道の下の谷間では木々がなぎ倒されて地面がむき出しとなり、煙が上がっている。

 現場付近の鉱業会社の監視カメラがとらえた別の映像では、機体がほぼ垂直に落下する様子が映っていた。中国メディアによると、現場から3~4キロ離れた場所で同社社員が作業中だったといい、「大きな爆発音だった。隣の山で誰かが礼砲を撃っているのかと思った」と取材に答えた。航空情報を提供する「フライトレーダー24」でも、高度9千メートル付近の上空から急降下する記録が確認される。

 中国メディアが伝えた地元住…

この記事は有料会員記事です。残り169文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら