ロシアの極超音速ミサイル、「実用性はない」 米国防総省高官が分析

有料記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 米国防総省の高官は21日、ロシアがウクライナ国内に対して極超音速ミサイル発射したと主張していることについて「米国としては否定もできないが確認もできない」と述べた。発射が本当であっても「軍事的には実用性はない」として、ロシア側の発射の意図を疑問視した。

 ロシア国防省は19日、ウクライナ西部デリアティンのウクライナ軍の地下弾薬庫を、航空機から発射する極超音速ミサイル「キンジャル」で破壊したと発表した。確認されれば、ウクライナ侵攻でのキンジャルの使用は初めてとみられる。だが米高官は「正直に言って、もし発射が本当であれば、それほど遠くない距離から建物を狙うのに極超音速ミサイルが必要だったのか疑問に思う」との見方を示した。

 その上で米高官は、考えられ…

この記事は有料記事です。残り310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

ウクライナ情勢 最新ニュース

ウクライナ情勢 最新ニュース

ロシアのウクライナ侵攻に関する最新のニュース、国際社会の動向、経済への影響などを、わかりやすくお伝えします。[もっと見る]