円、対ドルで一時120円台まで下落 6年1カ月ぶり 金利差受け

小出大貴
[PR]

 22日の外国為替市場で対ドルで円安が加速し、一時、2016年2月以来、6年1カ月ぶりとなる1ドル=120円台をつけた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が21日の講演で、米国の金利を上げるペースを早めると発言したことから、日米の金利差が拡大。円を売ってドルを買う動きが広がったとみられる。(小出大貴)