前夜に突然「節電を!」なぜ警報ギリギリ? 経産相「しっかり検証」

有料会員記事

[PR]

 政府が初めて出した「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」による節電期間が22日始まった。東京電力管内に大手電力7社が緊急送電を始めたが、気温低下で暖房などの需要は増加。電力供給は綱渡りだ。

担当者は「節電の効果は…」

 節電要請の時間帯は22日午前8時から午後11時で、東京電力管内の1都8県(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城、山梨、静岡東部)が対象。16日に発生した福島県沖の地震で一部の火力発電所が停止し、悪天候で太陽光発電もほとんど見込めない。東北電力も22日午前、管内の電力需給が非常に厳しいとして、利用者に節電への協力を呼びかけた。

 東電管内では、暖房などで増…

この記事は有料会員記事です。残り905文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら