「孫差別」する娘の嫁ぎ先に失望…では、発想変えてみませんか?

有料記事

[PR]

悩みのるつぼ 相談者

 60代女性です。娘の嫁ぎ先の孫への対応に困っています。

 娘の夫は長男で、妹がいます。昔から姑(しゅうとめ)は長男より妹をかわいがっていたようです。

 自分の子ならともかく、孫はみんなかわいいというのが世間の常識だと思います。しかし、姑はこれを覆し、妹の子どもばかりをかわいがります。

 娘の子どもたちは基本的に果物が好きですが、姑は妹の子どもが嫌いだといった果物ばかりを娘の方に持ってくるそうです。玩具や衣服は、妹の子どもにばかり買い与えるそうです。

 黙っていれば分からないことですが、姑は娘の方の孫たちに、「○○を買ってあげた」と平然と報告するそうです。

 私の娘はそれを、「孫差別」と呼んでいます。ただでさえ子育てで忙しいのに、娘はメンタルに打撃を受けて、ストレスがたまるばかりです。

 姑は人格者として、地元では有名な人です。孫が生まれる前は、私も尊敬していました。でも、娘の子どもたちに対する、目に余る行動に対しては失望しかありません。

 どのようにすれば、孫たちを平等に扱ってもらえるでしょうか。アドバイスをいただけませんでしょうか。

 娘自身はあきらめしかないと申しております。その通りかも知れません。とはいえ、小さい頃から差別される孫がふびんでペンをとりました。

回答者 文筆業・清田隆之さん

 差のある扱いを受けている孫がふびんでならない、そのことでストレスをためている娘が心配だ、孫に対する姑の態度が理解できない――と、相談文には複数の悩みが混在しています。また「孫差別」に関しても、向こうの孫ばかり優遇するのは不平等の問題ですが、残り物のような果実ばかり持ってくるのはもはや嫌がらせです。こういった状況を踏まえつつ、相談者さんができることは何かについて考えていけたらと思います。

 まず姑が孫をどう思うかに関…

この記事は有料記事です。残り1060文字有料会員になると続きをお読みいただけます。