きっかけは兄弟げんか、ドラえもん挿入歌 ビリー・バンバンの半世紀

有料記事

定塚遼
[PR]

 デビューから半世紀を超えた兄弟ユニット、ビリー・バンバンが、YouTubeなどをきっかけに再び脚光を浴びている。劇場公開されている「映画 ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021」では挿入歌「ココロありがとう」を手がけた。

 「会うとケンカばっかり。よく続いてきたよね」と弟の菅原進は語る。兄の孝とともに1969年「白いブランコ」でデビューし、「さよならをするために」などがヒット。長年「いいちこ」のCMも手がけてきた。

 数年前も、ラジオ番組で言い…

この記事は有料記事です。残り543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。