電力逼迫する関東甲信で積雪、水戸3㎝、熊谷1㎝ 都心は1.8度に

吉沢英将
[PR]

 電力需給が逼迫(ひっぱく)するなか、関東甲信では22日夜にかけ、雪や雨が降るところがある見通し。大雪のピークは過ぎつつあるものの、気象庁は路面の凍結などによる交通の乱れに注意するよう呼びかけている。

 同庁によると、22日午後3時現在で、水戸市3センチ▽茨城県つくば市埼玉県熊谷市1センチの積雪を記録している。

 アメダスの観測値では22日午後2時45分ごろ、東京都心でこの日最低の1・8度を観測。予想よりも気温が低くなっているという。

 23日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、関東北部2センチ▽関東南部の平野部1センチ。(吉沢英将)