経産相「このままでは広範囲の停電」 緊急の会見で節電を呼びかけ

長崎潤一郎
[PR]

 萩生田光一経済産業相は22日午後、緊急の会見を開き、「このままでは地震当日と同様に広範囲での停電を行わざるを得ない」などと述べ、さらなる節電を呼びかけた。節電の効果が目標に達していないとして、需要と供給のバランスが崩れることによるブラックアウト(全域停電)を避けるため、停電する可能性があるという。

 萩生田氏は、節電による需要減の効果はいまのところ150万キロワット程度で、目標を200万~300万キロワット下回っていると説明した。午後3時から午後8時まで、これまでの150万キロワット程度に加え、さらに200万キロワット程度の節電が必要になるとしている。

 16日に発生した福島県沖の地震で、一部の火力発電所が停止している。気温の低下で暖房需要も増えている。

 16日の地震後はブラックアウトを防ぐために、一部の地域への電力供給を自動的に止めた。関東や東北地方の14都県で一時、約223万戸が停電した。(長崎潤一郎)