18歳AV出演被害の温床に? 成人年齢引き下げ、封じられる救済

有料会員記事

聞き手・久永隆一
[PR]

 4月1日以降、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。これが女性を標的にしたアダルトビデオ(AV)の出演被害を増やす温床となるのでは、との懸念の声が上がっています。被害救済が難しくなるおそれもあるといいます。どういうことでしょうか。性的搾取の被害相談に応じる特定NPO法人「ぱっぷす」の理事長、金尻(かなじり)カズナさんに聞きました。

被害救済の武器が……

 ――成人年齢の引き下げが目前に迫るなか、金尻さんらは「高校生のAV解禁を止めてください」と国会議員に働きかけています。なぜでしょうか。

 これまで18歳、19歳は未成年でした。ですから20歳未満の人が、親の同意なくAVに出演しても、民法5条を根拠に契約を取り消すことができました。「未成年者取り消し」と呼ぶ強力な武器でした。これで出演したAVの販売中止ができました。

【ポイント】 「未成年者取り消し」の根拠

民法第5条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

 ところが、4月以降は18歳…

この記事は有料会員記事です。残り2217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。