森永製菓、不正アクセスで情報流出の可能性 通販顧客165万人分

山下裕志
[PR]

 森永製菓は22日、13日に発覚した不正アクセスにより約165万人の顧客情報が外部に流出した可能性があると発表した。氏名や住所、電話番号などで、クレジットカード情報は含まれない。個人情報の不正利用は確認されていないという。不正アクセスの影響で一部商品の製造がストップしていたが、22日朝までに復旧した。

 流出の可能性があるのは、通販の「森永ダイレクトストア」を2018年5月1日~22年3月13日に利用した顧客の個人情報だ。購入履歴のほか約3900人分のメールアドレスなどを含む。同社は現時点では流出を確認していないとしつつ、「可能性を完全に否定するのは困難だ」としている。

 森永ダイレクトストアの顧客情報を保管するサーバーが、不正アクセスを受けた。犯人側からとみられるメッセージも見つかった。同社は詳細は公表していないが、犯人側との「メッセージでのやりとりはしていない」という。

 同社は28日から順次、情報流出の可能性のある顧客へ郵送で連絡する。問い合わせ先はお客様相談センター(0120・740・150)。(山下裕志)