「君と僕」が見たはずの「同じ未来」 安倍元首相のロシア戦略の挫折

有料会員記事ウクライナ情勢

編集委員・佐藤武嗣、野平悠一、岩尾真宏
[PR]

 ロシアが日本との北方領土交渉を含む平和条約交渉について「継続する意思はない」との声明を発表したことで、日本は対ロ外交の戦略の練り直しを余儀なくされる。交渉進展に強い意欲を見せた安倍元政権は、ロシアのプーチン大統領に接近して交渉を重ねたが、この路線は行き詰まった形だ。当時の安倍晋三首相はプーチン大統領とどう交渉を進め、何を得たのか。

 「ウラジーミル、君と僕は同じ未来を見ている」

 2019年9月、ウラジオストクを訪れた当時の安倍首相は、プーチン大統領との27回目の首脳会談を終え、式典の演説でこうプーチン氏に語りかけ、「両国関係には無限の可能性がある」と強調した。

 12年に首相の座に返り咲いて20年に退陣するまで、約8年にわたる安倍政権が「戦後外交の総決算」として力を入れたのが、対ロ外交だ。安倍氏は「領土問題を解決し、平和条約を締結する。戦後70年以上残されてきた課題を、次の世代に先送りすることなく、私とプーチン大統領の手で必ず終止符を打つ」と訴えた。

クリミア併合でも経済協力

 安倍氏は、プーチン氏と個人的な信頼関係をもとに、ロシアが望む極東での経済協力をテコにして領土交渉を進めるという道筋を描いた。しかし、交渉は難題続きだった。

 最初の誤算は、14年のロシ…

この記事は有料会員記事です。残り1596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年3月23日10時26分 投稿

    【解説】安倍元首相は、プーチン大統領と解決の意欲を共有していると繰り返しましたが、プーチン氏の口から同じ趣旨の発言が語られたことは一度もありません。 例えば、2018年11月のシンガポール会談後、安倍氏は「私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年3月23日7時49分 投稿

    【視点】冷戦終結後、原則か妥協かで揺れてきた日本の対ロ北方領土交渉の一断面がこの記事に集約されています。問題なのは安倍首相が妥協へ動いたこと自体よりも、日本の方針が揺れること、そしてそれは戦後日本外交の宿痾ではないかということです。すなわち、二国間