賭けに出た星稜「タイブレークは嫌」 執念のサインプレーで延長制す

松沢憲司
[PR]

(22日、第94回選抜高等学校野球大会1回戦、星稜5-4天理)

 十一回の攻撃前。星稜の林和成監督は冗談っぽく呼びかけた。「俺はタイブレークは嫌だぞ」

 4年前の第100回全国選手権記念大会の2回戦で、済美(愛媛)にタイブレークの末に逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びた苦い記憶がある。だから、積極策で勝負を決めにいった。

 代打・松田啓睦(ひろむ)の左中間二塁打を足場につくった1死二、三塁。スクイズを仕掛けたが、佐々木優太のバントは投前に素直に転がってしまい失敗。局面が2死一、三塁となったところで、ベンチは最後の賭けに出た。

 打席は、2番手で登板した武内涼太。1ボールからの2球目、スライダーに全くタイミングが合わず空振りした。それを見て、林監督は決断した。

 一塁走者の佐々木に「挟まれろ」のサインを送った。受けた主将は「スクイズを決められなくて申し訳なかった。絶対に点を取る」。覚悟を決めた。

 天理の投手が牽制(けんせい)の動きを見せたところで、飛び出す。佐々木が二塁に追い込まれる間に、今度は三塁走者の津沢泰成がスタートを切ろうとする。察知した一塁手は三塁に送球したが大きく上にそれ、敵失で勝ち越し点。ボールがファウルエリアを転々とする間に、佐々木も一気に生還した。

 「送球が乱れた瞬間、三塁で止まらずに絶対に(本塁に)かえるという気持ちだった」と佐々木。執念のサインプレーは、最高の形で結実した。

 星稜は昨夏、部内で新型コロナウイルスの集団感染が起きて石川大会準々決勝を辞退。今年になってからも陽性者が出て、3度、部としての活動を見合わせたという。

 勝負手のプレーは、限られたチーム練習の中、選手たちが「実戦を想定して、次の塁、次の塁を意識」(佐々木)しながら時間を割いて確認していたからこそ、繰り出せた。

 両校の甲子園での対戦は1992年の第64回選抜大会の準々決勝以来。この時も終盤まで接戦が続き、結局、星稜は逆転負けした。当時選手だった林監督は30年前のリベンジを果たした後、こう総括した。

 「思うように練習できない中で、選抜に向けて選手が考えてやってくれた結果。何より、選手たちが楽しんで、甲子園で力を出してくれたのがうれしい」(松沢憲司)