今夜の停電、回避の見通し 経産省、東北電力管内では警報解除を検討

長崎潤一郎
[PR]

 経済産業省は22日夜、東京電力東北電力の管内でこの日停電が起きる事態は回避できる見通しになったと発表した。「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」を初めて出して節電を呼びかけていた。

 経産省は東北電管内に出した「警報」は解除する方向で検討している。東電管内は23日の電力需給を見極めて最終的に判断するが、解除しない方針だという。

 経産省と東電は22日午後、10%の節電目標に届いていないとして、午後8時以降に約500万キロワット(200万~300万戸規模)の停電が発生するおそれがあるとしていた。萩生田光一経産相は同日午後の緊急会見で、「このままでは地震当日と同様に広範囲での停電を行わざるを得ない」と述べ、さらなる節電を求めていた。

 東電によると、午後7時の段階で節電量が目標水準に達し、供給力の確保にめどが立ったという。ただ、東電管内の電力需給は、引き続き予断を許さない状況が続くとしている。(長崎潤一郎)