「ここも撮るんですか?」 清水のリアルを追い続けた元選手の意地

有料記事

照屋健
[PR]

 清水エスパルスで初めて作られたドキュメンタリー映像がある。

 「CHANGE」

 昨季のチームに1年間密着した臨場感のある内容で、DAZNで配信され、2月にはDVD化された。

 J1下位に低迷して退任が決まり、クラブハウスでぼうぜんと座り込むロティーナ前監督。ロッカールームで感情をむき出しにし、ホワイトボードをたたきつけるGK権田修一……。

 メディアやサポーターが立ち入ることができない映像を使い、Jリーグからも高評価を受けた作品は、クラブ内ではこう言われる。

 あの映像は、純平じゃなければ撮れなかった――。

 カメラを回したのはクラブ広報の高木純平、39歳。元Jリーガーだ。

 「やるからには、中途半端にはやりたくない、と思っていました」

 当の本人はこう振り返る。

 新たなファン獲得に向けてJリーグとDAZNが制作費などを支援する企画「Jドキュメンタリー」に清水が参加したのが発端だ。新型コロナウイルスの影響で外部スタッフが入れないこともあり、「元選手の距離感を生かせるのでは」とカメラを託されたのが高木だった。

 与えられたミッションは、成績に関係なくカメラを回し続けること。選手や強化部から「やめてくれ」と言われれば、企画は台なしだ。

 「試合結果はお客さんは知っている。じゃあ、本当に知りたいことは何なのか。それを伝えることがまさにドキュメンタリーなんじゃないか、と」

 マンチェスター・シティーや…

この記事は有料記事です。残り1670文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント