「消えない苦悩」18歳AV解禁問題 与野党、立法化に前向き姿勢

有料会員記事

久永隆一、吉川真布
[PR]

 4月1日からの18歳への成人年齢の引き下げに伴い、18歳や19歳のアダルトビデオ(AV)への出演契約を民法に基づき取り消すことができなくなる。意に反する出演の被害を増やす恐れがあり、支援団体などが23日、国会内で集会を開いた。今後も契約を取り消せるようにするため、超党派の国会議員も立法化に向けた取り組みを始めている。

デビューの夢につけ込まれ

 現在は、18歳や19歳が親の同意がなく言いくるめられたり、脅されたりしてAVに出演しても、後から契約を取り消せる民法の「未成年者取り消し」で販売を中止させられる。民法で未成年が親の同意なく結んだ契約は取り消せるとしているからだ。

 だが、4月1日以降は成人年齢が引き下げられ、成人となる18歳や19歳は、こうした契約の取り消しができなくなる。

 この日の集会には、大学4年生の時、AV出演の強要被害にあったという女性が出席。音楽活動ができるとスカウトされたが、実際は異なり、抵抗すると十数人の大人に囲まれ、「どれだけの手間と時間がかかっていると思っているんだ」と断れない状況に追い込まれたという体験などを話した。

 この女性は映像をネット上か…

この記事は有料会員記事です。残り395文字有料会員になると続きをお読みいただけます。