「北方領土も思ってくれたのでは」 元島民が見たゼレンスキー氏演説

有料会員記事ウクライナ情勢

大野正美、松尾一郎
[PR]

 ロシアの侵攻を受けたウクライナのゼレンスキー大統領が23日夕、日本の国会でオンライン演説した。北方領土の元島民からは、かつての体験と重ねた共感の声が聞かれた。

 元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)の標津支部長、福沢英雄さん(81)は、歯舞群島・多楽(たらく)島の元島民。1945年8月の終戦時は5歳だった。9月の旧ソ連の侵攻後間もなく、漁師だった父の漁船で脱出した。島では「ソ連兵が大きな穴の前に島民を集めて銃殺をするらしい」といううわさが流れていたという。

 そんな経験を持つ福沢さんは、ゼレンスキー大統領が「戦火のなかでウクライナ国民は墓地に埋葬ができず、庭や道路に遺体を埋めている」と語った時、「遺体が埋まる道路を進むロシアの戦車を思い浮かべ、胸が痛んだ」という。

 演説の「ウクライナを復興し、古里に戻れるようにしないといけない。日本の皆さんにも、そういう気持ちはわかるはずだ」との言葉には、「北方領土問題のことも思って話してくれているのでは」と感じたという。

 福沢さんは今、かつての体験…

この記事は有料会員記事です。残り440文字有料会員になると続きをお読みいただけます。