第19回「キエフ北方は地獄」「私たちの家渡さない」取材に応じた前線の兵は

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=高野裕介、国末憲人 ロンドン=金成隆一
[PR]

 ロシア軍がウクライナに侵攻して1カ月たった。首都キエフなどの主要都市を一気に制圧するとの見方もあったが、各地で頑強な抵抗に遭い、進撃を阻まれている。取材に応じたウクライナ軍側の兵士たちは、それぞれの覚悟を語った。

 「ロシアは街を混乱に陥れようとしているが、我々の攻撃がこれ以上の侵入を防いでいる。ロシア軍を徐々に後方に押し返して、ヘルソンでも反撃を狙っている。占領者が撤退するのが待ちきれない」

 ウクライナ軍の兵士として南部の前線で戦うアントン・ペトリブスキーさん(38)は21日、朝日新聞の電話取材に語った。

「ロシア軍は驚いているだろう」

 ペトリブスキーさんによると…

この記事は有料会員記事です。残り3517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る