東芝株主から批判の声 臨時総会、「経営陣はもっと対話を」

有料会員記事

土居新平、鈴木康朗、伊沢健司
[PR]

 東芝の臨時株主総会の会場を訪れた株主たちからは、迷走をつづける経営陣に不満の声が上がった。

 総会は24日午前10時から、東京都新宿区のホールで始まった。189人の株主が訪れた。総会の様子はインターネットでも配信された。

 会場では経営陣19人が壇上に並んだ。3月1日に社長に就いたばかりの島田太郎氏が議長となった。隣には取締役会議長で前社長の綱川智氏が座った。

 質疑が始まると、経営陣への厳しい指摘が相次いだ。

 「いっそのこと会社が全部株を買って非上場にすればいい」

 「一生懸命に研究している従…

この記事は有料会員記事です。残り838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら