第68回手持ち兵器「ジャベリン」に苦戦、抵抗を甘く見たロシア 小泉悠氏

有料会員記事ウクライナ情勢

聞き手・菊地直己
[PR]

 ウクライナに侵攻したロシア軍が、圧倒的な戦力差があるにもかかわらず、ウクライナ側の抵抗に遭って苦戦していると伝えられています。その象徴とされているのが、対戦車ミサイル「ジャベリン」など、歩兵が手持ちで攻撃できる兵器です。欧米はこうした携行兵器が戦果を上げているとみてさらなる供与を決めています。ジャベリンなどの携行兵器は戦況を変える力があるのでしょうか。ロシアの軍事事情に詳しい東京大学先端科学技術研究センターの小泉悠・専任講師に聞きました。

――ロシア軍の戦車が攻撃を受けて炎上する動画が出回っています。あの攻撃もジャベリンによるものでしょうか?

 ウクライナ軍の戦車部隊などによる攻撃もあったでしょうが、ジャベリンなどの対戦車ミサイルによる攻撃は相当なものだったと思います。軍事情報サイト「Oryx」によると、ロシア軍はすでに二百数十両の戦車を失ったとの報告もあります。

――ジャベリンとはどんな兵器なのでしょうか?

 ミサイルの発射装置と照準装置が一体となった携行兵器です。歩兵が肩で担ぐことができ、ミサイルを含んだ総重量は約20キロ。目標をセットしてミサイルを撃ちます。ミサイルを自動誘導する「撃ちっぱなし式」のため、発射後に速やかに退避することができます。また、目標に近づきつつ上昇して、戦車を上から攻撃できる能力があります。戦車の弱点である、装甲の薄い上部を狙うためです。

「戦争が間近に」ロシア戦車を見た専門家の観測

 ジャベリンは1発2千万円ほ…

この記事は有料会員記事です。残り3764文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    小熊英二
    (歴史社会学者)
    2022年3月26日11時2分 投稿
    【視点】

    双方とも相手に決定的打撃を与える力はなく、長期戦になる可能性があるという意見として読んだ。 ロシア政府がもくろみ、また世界の多くの人が最初に予想したのは、数日でロシア軍が勝つという構図だった。このインタビューでも指摘されているように、

連載ウクライナ危機の深層(全150回)

この連載の一覧を見る