崩れた1年前とは、違う 新境地の高安 重圧を解き放つ決まり文句

有料会員記事

松本龍三郎
[PR]

 首位に並ばれ、終盤戦に黒星が立て続く……。

 この日の御嶽海戦に敗れるようなことがあれば、1年前の嫌なイメージが頭に浮かんだことだろう。だが、今場所の高安はまだ踏ん張っている。同じ過ちを繰り返したくはない。

 前日に初めて土がついた平幕高安と、2敗で追いかける新大関御嶽海との結びの一番。高安が立ち合いから優位に立った。

 踏み込んで左上手をがっちり。逆に、相手にはまわしを与えない。右でも慎重にまわしを探り、浅く引けたタイミングで一気に寄って勝負を決めた。

 元大関だけあって、これまで…

この記事は有料会員記事です。残り326文字有料会員になると続きをお読みいただけます。