国連総会、「ロシアの責任」強調する人道決議案採択 賛成140カ国

有料会員記事ウクライナ情勢

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 国連総会(193カ国)は24日昼(日本時間25日未明)、ウクライナの人道危機について「ロシアの敵対行為の結果」と明記した決議案を採択した。2日に採択したロシア非難決議に続き、ロシア軍のウクライナからの即時完全無条件撤退を求めている。

 投票結果は、賛成140▽反対5▽棄権38▽無投票10。前回の決議よりも賛成国が1カ国減ったが、圧倒的多数がロシアのウクライナ侵攻を容認しない姿勢である構図が改めて明らかになった。

 ロシアが「特別軍事作戦」と…

この記事は有料会員記事です。残り819文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    佐藤武嗣
    (朝日新聞編集委員=外交、安全保障)
    2022年3月25日8時2分 投稿
    【解説】

    国連総会での「ロシアの責任」強調する人道決議案が採択され、「賛成」が圧倒多数だったが、「賛成」は前回のロシア非難決議より1カ国減って140カ国に。ロシアの軍事侵攻による市民の犠牲が増えるなか、賛成が増えてロシアへの圧力になるかと思いきや、逆