「対ロ支援もたらす結果を理解した」習氏発言、バイデン氏が明らかに

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=園田耕司
[PR]

 バイデン米大統領は24日、訪問先のブリュッセルで記者会見し、18日に行われた中国の習近平(シーチンピン)国家主席とのテレビ電話協議に言及した。バイデン氏は習氏に対し、中国がロシアのウクライナ侵攻を支援した場合には「結果」が伴うと明確に説明し、「習氏は理解した」という認識を示したという。

 バイデン氏は会見で、習氏との協議について問われ、「脅しではない」と前置きしつつ、バイデン氏が習氏に、中国が対ロ支援をした場合に中国経済が受ける影響を説明したのに対し、習氏は「対ロ支援のもたらす結果を理解した」と語ったことを明らかにした。また、ロシアがウクライナに侵攻するという「野蛮な行為の結果」(バイデン氏)、多くの米国や外国企業がロシアを離れたことも指摘したという。

 バイデン氏は、習氏と長年会…

この記事は有料会員記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら