鍵山優真、自然な笑顔を探した1年 「試合より写真撮影の方が…」

有料記事

岩佐友
[PR]

 鍵山優真は今季のショートプログラム(SP)で悩んできたことがある。

 「笑顔が不自然なんです」

 軽快な曲調の「ウェン・ユア・スマイリング」。笑って楽しく滑ることが求められるプログラムだ。

 でも、なかなか思うようにできなかった。

 そのもどかしさを明かしてくれたのは、昨年12月、練習拠点の中京大のキャンパスで写真撮影に協力してもらった後のことだった。

 「撮影の時と試合の時の表情は違う?」と尋ねた。

 鍵山は即答した。

 「違います。試合より写真撮影の方が自然ですね」

 続けて、「演技は自然に見せるのが難しい?」と聞いた。

 鍵山は苦笑しながら答えた…

この記事は有料記事です。残り765文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]