あこがれのだし巻き卵はふわっふわ 3つのコツで焼いた数だけ上手に

有料会員記事

編集委員・長沢美津子

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

[PR]

ごはんラボ だし巻き卵

 ゆで卵を思い通りに作ることから連載を始めて3年、最後は憧れの「だし巻き卵」です。

 材料はシンプル、焼きたては格別で冷めてもしっとり。卵料理は調理科学のポイントもいっぱいですが、理想に近づくには要領をつかむ時間が必要。最初は焼きすぎや形崩れをしても、それぞれのおいしさと思って、挑戦を楽しんでください。

 料理監修の渡辺あきこさんの割り出した、だし巻きらしいやわらかさと、巻きやすさが両立するレシピは、卵3個に対してだし50ml。作り慣れて100mlまで増やせればふわっふわです。

 だしは市販のパックや顆粒(かりゅう)など普段のものでかまいません。味付けは塩気も甘みも控えめがおすすめですが、一度試して好みで調節してください。

 焼くときのコツをまとめると、多めの油、弱くはない火加減、卵焼き器を持つ手を動かしやすい姿勢でしょうか。論よりここは実践。身につけば、一生モノの自慢の卵焼きになります。(編集委員・長沢美津子

だし巻き卵

材料・2人前 料理監修:料理研究家・渡辺あきこさん

□ 卵 3個

□ だし 1/4カップ

□ 薄口しょうゆ 小さじ1/2

□ 塩 小さじ1/8

□ 砂糖 小さじ1/6

□ 油 適量

【作り方】

①カップなどにだし、薄口しょうゆ、塩、砂糖を入れて混ぜて溶かしておく。

②ボウルに卵を割り入れ、からざを除く。これで見た目や口当たりがよくなる。菜箸で溶きほぐし、①のだし汁を混ぜる。

③小皿に油を入れて、小さく折…

この記事は有料会員記事です。残り1127文字有料会員になると続きをお読みいただけます。