「次元の異なる脅威だ」岸防衛相 全米が射程内か 北朝鮮ICBM

松山尚幹
[PR]

 岸信夫防衛相は25日午前の閣議後会見で、北朝鮮が24日に発射した新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)について「弾頭の重さにもよるが、1万5千キロを超える射程となりうる。その場合は東海岸を含む全米全土が射程に含まれる」との見解を示した。

 北朝鮮が24日に発射したICBMは、北海道渡島(おしま)半島から西約150キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。飛行時間は約71分間で、過去最長という。岸氏は「これまでの一連の発射とは次元の異なる、我が国、地域と国際社会の平和と安定に対する深刻な脅威だ」と指摘し、「許されない暴挙で断固非難する」と述べた。(松山尚幹)