宝塚・花組スター永久輝せあの瞳の奥の闇 主演公演「冬霞の巴里」

[PR]

 永久輝(とわき)せあの瞳の奥に、こんなにも深い闇が広がっていたとは。宝塚歌劇団・花組の「冬霞(ふゆがすみ)の巴里」が3月25日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪市北区)で開幕した。

ニュースレター[月刊タカラヅカPlus]に登録しませんか?

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。こちらから登録できます。

 演出家の指田珠子(さしだしゅこ)による書き下ろしで、憎しみの連鎖が巻き起こる古代ギリシャの悲劇「オレステイア三部作」が通奏低音だ。

 19世紀末のうらぶれたパリの街に、新聞記者のオクターヴ(永久輝)が復讐(ふくしゅう)のため舞い戻る。幼少期に身内から父(和海(かずみ)しょう)を殺された無念を晴らしたい――。姉のアンブル(星空美咲(みさき))への嫉妬も愛も、忌まわしい死の秘密を背負うほどに強固になっていく。

 2011年入団の永久輝は…

この記事は有料会員記事です。残り591文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら