• アピタル

広島商が選抜2回戦を辞退、チーム内複数人が陽性 大阪桐蔭は不戦勝

[PR]

 第94回選抜高校野球大会日本高校野球連盟毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の大会本部は25日、広島商から試合を辞退するとの申し出があり、受理したと発表した。

 チーム内で複数の新型コロナウイルス陽性者が出たため。26日の第3試合で予定されていた広島商―大阪桐蔭の2回戦は大阪桐蔭の不戦勝となる。

 大会本部によると、広島商の選手ら35人は丹生(にゅう)(福井)との1回戦に勝った翌日の24日、1回戦勝利校を対象とした大会中PCR検査を受け、9人が陽性と判定された。

 9人は25日午前に大会本部が求めた再検査を医療機関で受け、全員が陽性と判定され、その後、校長から辞退の申し出があったという。

 また大会中検査で陰性だった26人を再検査した結果、さらに2人が陽性だった。

 陽性者のうち9人に発熱やせきなどの症状があるという。

 大会前のPCR検査では広島商に陽性者はいなかった。

 大会の感染拡大予防ガイドラインでは、出場校の選手らに感染者が出た場合、出場可否について、集団感染が疑われるかを重要視して対応するとしている。

 大会本部は「広島商が大会途中で出場辞退を決断されたことは非常に残念です。何より広島商の皆さん、同校を支えてくださっている関係者の皆さまの心情を察するに余りあります」などとする主催者のコメントを発表した。

 今大会の辞退は、選手ら13人の新型コロナ陽性が確認された京都国際に次ぎ2校目。京都国際の辞退は開幕前の17日だったため、近畿地区補欠校の近江が繰り上がって出場している。

 大会本部によると、大会開幕前の出場辞退・取り消しは京都国際を含めてこれまで13件あるが、大会途中に辞退は初めて。

 広島商は選抜で1度、全国選手権で6度の優勝を誇る古豪。20年ぶり22回目の出場となった今大会の1回戦は21世紀枠で初出場した丹生に22―7で勝った。

 広島商の辞退に伴い、26日の大会第8日は2回戦2試合が行われる。星稜(石川)―大垣日大(岐阜)の第1試合が午前9時、市和歌山―明秀日立(茨城)の第2試合が午前11時半開始の予定。

 新型コロナをめぐっては、昨夏の第103回全国高校選手権大会でも、選手に感染者が出たため宮崎商が初戦を前に、東北学院(宮城)は1回戦に勝った後、それぞれ試合を辞退し、全国選手権では初となる不戦敗となった。