中部電力、純損失500億円に下方修正 22年3月期決算予想

有料会員記事

内藤尚志
[PR]

 中部電力は25日、2022年3月期通期決算の純損益の見通しを下方修正し、赤字額が500億円にふくらみそうだと発表した。これまでは450億円の赤字を見込んでいた。ウクライナ情勢もからんで卸電力市場での調達価格が高騰しているため。中部電が今年度に純損益の見通しを引き下げるのは4回目になる。

 天候不順などによる水力発電

この記事は有料会員記事です。残り99文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら