夫婦別姓調査に野田聖子氏「現実とずれ」 質問変更、世代の偏り指摘

有料会員記事

戸田政考、安倍龍太郎
[PR]

 内閣府は25日、選択的夫婦別姓制度に関する世論調査の結果を公表した。制度を導入した方がよいと答えた人は28・9%で、調査を始めた1996年以降で最低になった。これに対し、野田聖子男女共同参画担当相が疑問を呈した。政府調査に閣僚が異論を唱えるのは異例だ。

 調査は「家族の法制に関する世論調査」。対象は全国の18歳以上から無作為抽出した5千人で、昨年12月から1月にかけて実施した。17年の前回調査までは対面での調査だったが、今回は新型コロナの影響で郵送調査にした。回収率は57・7%(前回59%)だった。

 調査では、選択的夫婦別姓制…

この記事は有料会員記事です。残り1435文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    田渕紫織
    (ハグスタ編集長=子育て、社会保障)
    2022年3月29日13時56分 投稿
    【視点】

    これまでも通称使用のニーズについて別の設問でも尋ねていたにも関わらず、なぜこのような形で設問の選択肢に加えたのか、不可解です。 夫婦同姓が強制されているのは、世界で日本だけ。 この状態の解消を望む当事者の取材をしていると、理由は実に

  • commentatorHeader
    小熊英二
    (歴史社会学者)
    2022年3月26日10時15分 投稿
    【視点】

    どう調査しても、現状維持を支持する回答は3割弱で、「何らかの法改正が必要だ」という回答が多数派だ、と解釈してよいのではないか。 この問題に限らず、「賛成」「反対」が両翼に3割弱で、中間が5割と解釈できる世論調査結果は多い。 誰し