「僕のフィギュアが今年また再発進」 宇野昌磨、SP後の一問一答

有料会員記事

[PR]

 フィギュアスケート世界選手権の第2日は24日、フランス・モンペリエであり、男子ショートプログラム(SP)は北京五輪銅メダルの宇野昌磨トヨタ自動車)が自己ベストを更新して首位発進した。

 冒頭、4回転フリップで3・46点の加点を引き出すと、計三つのジャンプ要素は全て成功。スピン、ステップは全て最高の「レベル4」をマークしたほか、5項目の演技構成点も全て9点台(10点満点)に乗せる演技を披露。世界歴代3位となる109・63点をたたき出した。

 演技後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

――今の気持ちは?

 「素直にうれしかったです。本当に練習以上ができたわけじゃなく、練習通りの演技でした。試合という特別な場で練習通りできないっていうのは、今までもたくさんありました。だからこそ、高望みはしていませんでしたけれど、やはり練習通りの演技ができたことをうれしく思います」

 「今日までの練習がすごく充実して、後悔がなかった。なので、失敗しても練習を悔やむことはなかったと思います。ただ、こういう演技で『うれしい』と思っているうちは、その演技が自分にとって当たり前ではないということ。来年以降、どのような形でシーズンを送るか分からないけど、今年と違ってたくさん試合に出ることも考えながらやっていきたいと思っています」

 ――首位発進については?

 「特に深く考えることはない…

この記事は有料会員記事です。残り1630文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]