中国とインド、ウクライナ情勢めぐり接近 国境問題で対立も思惑共有

有料会員記事ウクライナ情勢

北京=冨名腰隆、ニューデリー=石原孝
[PR]

 中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相が25日、インドを訪問し、ジャイシャンカル外相らと会談した。ウクライナ情勢を巡り、米国から「ロシア寄り」と批判される中国は、中立を貫くインドとの関係を重視。国境問題を抱えつつも接近を図る。対するインドは、中ロ印と日米豪印4カ国(クアッド)のバランスの上に立ち、外交を進める構えだ。(北京=冨名腰隆、ニューデリー=石原孝

 王氏はジャイシャンカル氏のほか、ドバル国家安全保障担当補佐官とも会談。中国外務省の発表によると、王氏は「両国関係は長期的視点で見なければならない。中国はインドの発展を歓迎しており、国際問題においてより重要な役割を果たすことを歓迎する」と述べたという。

 近年、米中対立が深まる中、周辺国との外交の安定を図ってきた中国は、とりわけインドとの関係を重視してきた。習近平(シーチンピン)国家主席は2018年、モディ首相を武漢に迎えて非公式会談を開くと、翌年には自身が訪印。「竜と象が共に舞う中印協力が唯一の正しい選択だ」と呼びかけた。

 20年に国境地帯で両軍が衝突し、45年ぶりに死者が出るなど緊張も続くが、大局的にはインドの重要性はより高まっている。典型はウクライナ情勢だ。

「欧米対中ロ」の構図も左右

 ロシアへの非難や人道的責任…

この記事は有料会員記事です。残り806文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    古谷浩一
    (朝日新聞論説委員=中国政治、日中)
    2022年3月26日10時32分 投稿
    【視点】

     このタイミングでの中国外相のインド訪問。極めて注目すべき動きだと思います。  日本からはいつも地政学的に見えにくいのが、ロシアとインドと中国の3大国の間で繰り広げられている、いわば三国志的な相関関係です。  ロシアのウクライナ侵攻を受