富山・小矢部の神社で火災、民家8棟に延焼 住民「強風で広がった」

有料会員記事

平川仁、井潟克弘
[PR]

 26日午後0時55分ごろ、富山県小矢部市浅地で、「神社から火が出ている」との119番通報があった。砺波地域消防組合によると、神社から北に少なくとも約600メートル以内に点在する民家8棟に延焼。午後5時半現在、消火活動は続いているが、住民は全員避難したという。

 神社は、北陸道の小矢部川サービスエリアから約650メートル北東にあり、周囲は民家が点在する田園地帯。この日は強い南風が吹き、火が風にあおられて北上する形となった。

 神社近くに住む60代男性は…

この記事は有料会員記事です。残り153文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら