失敗を美化?通信傍受で苦戦? ロシア軍「東部に集中」の狙いは

有料会員記事ウクライナ情勢

ワルシャワ=高野遼
[PR]

 ロシア軍の幹部が25日、侵攻開始から1カ月の戦いを総括し、「今後は(ウクライナ東部の)ドンバス地方に集中する」との方針を打ち出した。首都キエフ攻略が狙いとみられていたが、断念したのか。あるいは苦戦を隠すための国内向けのポーズづくりか。戦況を踏まえて、今後のロシア軍の出方を探る。

「ロシア軍の失敗を国内向けに美化?」宣言の真の狙いは

 「ウクライナ軍の戦力は大幅に低下した。これで我々は主要目標の達成に集中できる。ドンバスの解放だ」。ロシア軍参謀本部のセルゲイ・ルツコイ作戦本部長は25日、こう強調した。

 作戦の目的は最初から、親ロシア派の多いドンバス地方にある「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の支援だったと説明。そのために序盤戦でウクライナ軍に全土で大損害を与え、妨害できないようにした――という理屈だ。この1カ月でウクライナ軍に与えた打撃を列挙。作戦の「第1段階」を終え、今後はドンバス地方に集中する方針を示した。

 この発言は米国でも波紋を呼…

この記事は有料会員記事です。残り1769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら