新関脇の若隆景が12勝到達 記録で肩を並べた、偉大な横綱大関5人

有料会員記事

松本龍三郎 鈴木健輔
[PR]

(大相撲春場所14日目)

若隆景、審判長に絶賛される

 立ち合い、大関に押し込まれた。若隆景は左足が俵にかかる。さらには貴景勝のはたきに体が泳いだ。だが、動じない。そこからが真骨頂だった。代名詞とも言える得意技「おっつけ」を繰り出し、体勢を立て直した。最後は相手の両脇に差して寄り切り。「足を送れたのが良かった」

 土俵下で見届けた高田川審判長(元関脇安芸乃島)からは「下からのおっつけ、持ち味が出て良い角度だった」と絶賛された。

 2敗を守って、首位に並んだ。単独トップの高安が目の前で敗れていたが、心境の変化は「特に(なかった)」と語る。優勝への意識を問われても、「まあ、明日、思い切って相撲を取るだけです」と淡々と答えるだけだ。連日のオンライン取材を聞いていても、冷静さを保っていることが伝わってくる。

 重ねた勝ち星は、これで「1…

この記事は有料会員記事です。残り669文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら