バイデン米大統領「彼は虐殺者だ」 難民との交流後にプーチン氏批判

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=園田耕司
[PR]

 バイデン米大統領は26日、戦火のウクライナから逃れた難民らが滞在するポーランドのワルシャワ国立競技場を訪問した。バイデン氏は難民らとの交流後、記者団に対し、ロシアのプーチン大統領を「虐殺者(butcher)だ」と非難した。

 バイデン氏は帽子をかぶり、ノーネクタイの背広姿で競技場を訪れた。自分の周囲に集まった人々と会話し、子どもを抱きかかえたり、一緒に写真を撮ったりして交流した。

 その後、記者団の前に立ち止まってやりとりしたバイデン氏は、ロシア軍がウクライナ攻略をめぐる戦略を変更したのか問われると、「はっきりとは分からない」と語った。一方、ウクライナの人々に関して「人間の精神の深さと強さ」に「いつも驚かされる」と語った。

 またバイデン氏は、自身が交…

この記事は有料会員記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら