「どうしよう」鍵山優真はうずくまった フリー直前に襲われた異変

有料記事

岩佐友
[PR]

 鍵山優真にとって、2年連続の銀メダルはほろ苦いものだった。

 「めっちゃ悔しい。不安ではなく、自分でもよくわからない緊張でおどおどしちゃった。初めてだと思う」。気持ちのコントロールができずにフリーを迎えた。今季から組み込んでいる4回転ループは回転不足で認定されず。最後のトリプルアクセル(3回転半)は1回転半になった。

 ただ、「全力を出し切れなかった」という演技でも、銀メダルに届いたのは成長の証しだ。

 4回転サルコーはショートプ…

この記事は有料記事です。残り1310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]