「チェンと本当に勝負ができる」 無良崇人さんが語る宇野昌磨の強さ

有料会員記事

2014年四大陸選手権金メダリスト
[PR]

 宇野昌磨選手の強さが際立ちました。

 4種類の4回転ジャンプを5本組み込む構成。後半のトーループで少しだけ着氷が乱れましたが、4回転をすべて跳びきりました。これだけの構成をやりきって、フリーのボレロを今季最後の試合で完成形にもってきました。

 ショートプログラム(SP)もフリーも、ジャンプが本当に危なげない。見ていても安心するようなジャンプを跳んでいました。北京五輪からの1カ月でこんなにも成長するのか。そんな思いで演技を見ました。

 今季はジャンプに成長が見られました。

ここから続き

 今までジャンプの高さや加点…

この記事は有料会員記事です。残り944文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]