兵庫・西宮市長選、現職が再選 維新、大阪外の首長選で初勝利ならず

真常法彦
[PR]

 兵庫県西宮市長選が27日投開票され、無所属現職の石井登志郎氏(50)が、元県議で無所属新顔の吉岡政和氏(47)、元県議で日本維新の会新顔の増山誠氏(43)を破り再選を果たした。維新は、大阪府外の首長選で公認候補の初勝利をめざしたが、及ばなかった。投票率は41・28%(前回37・52%)。

 石井氏は西宮市内の事務所で「西宮市民のために、負けられない選挙戦だった。維新が大阪でされてきたことは評価すべき点もあったのだろう。だが、党勢拡大のために首長選に臨むのは間違いだ。大阪でうまくいったことが、西宮にもってきてどうなるのか。政党としてはたいへん乱暴だったと思う」と述べた。

 元民主党衆院議員の石井氏は、4年前の市長選と同じく政党の推薦・支持を受けない方針で臨んだが、維新の党勢拡大に危機感を持つ各党が独自に支援した。

 自民が支持を出し、立憲民主も支援。共産は独自候補擁立を見送って自主投票にし、公明も自主投票とした。幅広い支援を受けた石井氏は1期目の実績を訴えて手堅く支持を固めた。

 昨年の衆院選で兵庫県内の議席を大きく伸ばした維新は、県内の市長選ではこれで4連敗となった。

 選挙期間中に代表の松井一郎大阪市長や副代表の吉村洋文大阪府知事が応援に駆けつけるなど、党をあげて選挙戦に臨んだが、届かなかった。(真常法彦)

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年3月28日18時4分 投稿

    【視点】維新の特徴は、地方の首長選でも公認候補を立てて臨むところだと思います。政党の足腰を鍛え、党の認知度を高めるためには有効ですが、勝つには相当な組織力が必要です。地方議員が根を張る大阪とは違い、政党色が出すぎれば広がりを得るのが難しくなるのが日

  • commentatorHeader
    曽我豪
    (朝日新聞編集委員=政党政治、教育改革)
    2022年3月28日15時44分 投稿

    【視点】 大変に興味深い選挙でした。後から振り返った時、あれが全体状況の変化を告げるリトマス試験紙だった、ということになるかもしれません。記事も簡にして明、この選挙が持つ重要性を事実で示してわかりやすい。  自民党と立憲民主党がいわば維新包囲網を