「6年半の感謝と愛を」卒業ライブは青森で 「りんご娘」4人の軌跡

有料会員記事

松村北斗
[PR]

 農業、そして地方を応援しようと活動している、青森県弘前市を拠点とするアイドルグループ「りんご娘」も、別れ・門出の春を迎える。現メンバー4人が、今月末で卒業する。設立から22年。全国の「ローカルアイドル」の草分け的存在は、現メンバーになって一気に飛躍し、人気は全国区になりつつある。その道のりは、平坦(へいたん)ではなかった。(松村北斗)

きっかけは弘前へのUターン

 3月19日、東京・渋谷のライブスペースのステージに、きらびやかな衣装の4人が立った。新型コロナの影響で、都内でファンを前にパフォーマンスを披露するのは約2年半ぶりだ。

 「久しぶりだね。会いたかったぁ」「声を出せないのに、声が聞こえる感じがする」。リーダーの王林さん(23)が語りかけると、感染対策で声を出せない観客は、色鮮やかなスティックライトを振って応えた。

 この日は新潟を拠点とする3…

この記事は有料会員記事です。残り3027文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら