アカデミー賞受賞 濱口竜介監督と「ドライブ・マイ・カー」とは

[PR]

 第94回米アカデミー賞で濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が日本映画2作目となる国際長編映画賞に輝いた。日本作品では初の作品賞の候補になり、ノミネートされた賞の数も過去最多となる4部門。日本映画史に新たな1ページを刻んだ濱口竜介監督と、代表作となった「ドライブ・マイ・カー」とは。

3大映画祭で連続の快挙

 濱口監督は1978年、神奈川県生まれ。東大で映画研究会に入り、ジョン・カサベテス監督作など数々の名作と出会う。自らも作品を撮るうちに映画の魅力にとりつかれ、監督を志した。

 卒業後は映画やテレビの制作現場で働き、東京芸術大大学院映像研究科へ。黒沢清監督に師事し、2008年の修了制作「PASSION」が国内外の映画祭に選ばれ、注目された。

 東日本大震災後にはドキュメ…

この記事は有料会員記事です。残り1195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。