ウクライナ侵攻対処「協力の必要性、アフリカ各国と共有」 林外相

有料会員記事

野平悠一
[PR]

 林芳正外相は27日、アフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合で、ロシアによるウクライナ侵攻に対処するために国際社会が協力する必要性について「アフリカ各国と認識が共有された」と語った。国連安保理改革を早急に実現することの必要性と、実現に向けたアフリカとの連携強化も訴えたことを明らかにした。会合終了後、記者団の取材に応じた。

 閣僚会合は約50カ国が参加し、26、27両日にオンライン形式で開催。8月に開催予定の首脳級会合に向け、アフリカにおける開発などを議論した。

 26日の会合で林氏は、侵攻…

この記事は有料会員記事です。残り297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。