外国船を撃退する全長70メートルの砲台 総石造りで堅牢も実際は…

有料会員記事

武田遼
[PR]

明石藩舞子台場跡

 明石海峡に面して築かれた石垣の上に小さい模造大砲が三つ、砲口を海側へ向けて並んでいます。

 「明石藩舞子台場跡」(神戸市垂水区)は、鎖国政策をとっていた幕府が外国船を見張り、大阪湾を防衛するために造った砲台跡です。2003年からの発掘調査で、市が全容を確認しました。

 幕府は1825(文政8)年…

この記事は有料会員記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら