ウィル・スミスさん妻を侮辱され平手打ち 主演男優賞スピーチで弁明

[PR]

 27日のアカデミー賞授賞式で、俳優のウィル・スミスさんが舞台に上り、コメディアンのクリス・ロックさんの顔をたたく一幕があった。2人はその後もやり合ったが、米国ではテレビ中継が一時期止まる騒ぎとなった。

 ロックさんはドキュメンタリー部門の受賞者を発表している最中に、スミスさんの妻を指して「G・I・ジェーンの続編を楽しみにしている」という発言をした。スミスさんの妻の短髪をジョークにしたとみられるが、直後にスミスさんが客席から舞台に上り、ロックさんの顔をたたいた。米国での放送はその直後に止まったが、米メディアによると、スミスさんは席に戻った後も放送禁止用語を使いながらロックさんに向かって「妻の名前を口にするな」と怒鳴った。スミスさんの妻は、脱毛症であることを公表している。

 主演男優賞は「ドリームプラン」のウィル・スミスさんが受賞した。

 スミスさんは、テニス界のトップに立ったビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹の父親リチャードを演じた。

 スピーチで「なんていうことなんでしょう。リチャード・ウィリアムズというのは、本当に強く家族を守った男です。この瞬間ですが、私は圧倒されています。神様が私に求めていることに圧倒されています」と切り出した。

 続けて「(自分が)悪口を言われても、ビジネスのなかで、自分が軽蔑されることになれなくては。ニコニコしなくてはならない。自分は、愛情のための船のような存在になりたい。みなさんに謝罪をしなければならない」として、自身のステージ上の振る舞いについて謝罪した。

 また、「受賞したので涙を流しているのではない。人々にたいして光をさすことができる。キャスト全員、スタッフ全員に対して光をさすことができてうれしいんです」などと語った。