新車が深刻な品薄、納車半年待ちも 中古車平均額は初の100万円台

有料会員記事

福田直之 神山純一 五十嵐大介=サンフランシスコ、千葉卓朗
[PR]

 新年度に向け車が品薄になっている。コロナ禍や半導体不足で生産が遅れ、納期に半年以上かかるものもある。新車の代わりに中古車が人気で価格は過去最高の水準だ。原材料の高騰で値上げする輸入車も相次ぐ。ロシアのウクライナ侵攻もあり、買いにくい状況が長引く恐れもある。

 新車の品薄の大きな要因の一つは、自動車部品の供給の混乱だ。

 コロナ禍によって世界各地の部品工場で、生産が落ち込んでいる。「ワイヤハーネス」と呼ばれる電線の束などつくるのに人手がかかるものが、特に足りなくなっている。

 コロナ禍を受けて在宅勤務が広がり巣ごもり消費もあって、半導体の需要が高まった。工場の建設には時間と費用がかかり、半導体をすぐに増産することは難しい。いまの自動車部品には多数の半導体が使われており、十分に確保できないと混乱は続く。

 部品不足を受けて国内の大手自動車メーカーでは、工場の操業の一時停止や、生産ラインの縮小などをした。国内自動車大手8社の1月の世界生産は、前年比9・8%減の計191万7千台で、7カ月連続の減少だった。

 減産は販売の現場にも波及していく。販売店では納車まで3~6カ月かかるものもめだつ。

 トヨタ自動車がホームページで公表している「工場出荷時期目処(めど)」によると、注文してから3カ月以上かかるものが多い。人気の小型車アクアは「5~6カ月程度」としている。

 ホンダも小型車フィットの出荷目処は4カ月程度となっており、ほかのメーカーでも生産は遅れ気味だ。

 スポーツカーやSUV(スポーツ用多目的車)の一部では、納車まで1年以上かかるものもある。車種によっては、買いたくても予約が受け付けられないケースもあるという。

 メーカーは部品の調達先を分散するなど対応を急ぐが、混乱の解消には時間がかかりそうだ。

 宮城県福島県で最大震度6強を観測した3月16日の地震による影響もある。複数の部品会社が被災し、トヨタ自動車やスバルなどの工場が一時止まった。工場の生産は再開しているが、部品の調達難は一部で続いている。福田直之

新車と中古車が同じ値段の「異常事態」

 新車が手に入りにくいなか…

この記事は有料会員記事です。残り1601文字有料会員になると続きをお読みいただけます。