北朝鮮のICBM、新型でなかった? 韓国は懐疑的見方、結論はまだ

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外相は28日の国会での答弁で、北朝鮮が24日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)が新型の「火星17」だったかについて、「(射程は)弾頭の重量でいくらでも調整が可能だ」として懐疑的な見方を示した。一方で「韓米情報当局で様々な情報を基に分析中だが、結論は出ていない」とも述べた。

 24日に発射したICBMについて、北朝鮮は新型の「火星17」と公表した。朝鮮中央通信は28日も、金正恩(キムジョンウン)総書記が「火星17」の試射成功に貢献した国防工業部門の技術者らと記念写真を撮ってねぎらい、「引き続き、強力な攻撃手段をより多く開発してわが軍隊に装備させる」と強調したと伝えた。

 韓国の専門家は「火星17」について、2017年11月に発射した「火星15」に搭載されたエンジン(ノズル2本)を2機搭載(ノズル4本)し、推進力は約2倍になったとみる。

 だが、複数の韓国国防関係者…

この記事は有料会員記事です。残り412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら