交通課長、県道で50キロ速度超過の疑い 福岡県警が書類送検

有料記事

板倉大地
[PR]

 指定速度が時速50キロの道路で約100キロを出したとして、北九州市内の警察署で交通課長を務める50代の男性警部が、道路交通法違反(速度超過)の疑いで小倉区検に書類送検されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は1月13日付で男性警部を所属長訓戒とした。

 捜査関係者によると、警部は1月10日午前、北九州市門司区の県道で、指定速度を48キロ上回る98キロで乗用車を運転した疑いがある。この日は休日で、自家用車を運転していた。速度取り締まりで見つかり、「深く反省している」と話しているという。

 警部が上司に報告し、発覚し…

この記事は有料記事です。残り56文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!